お花見の場所できれいな桜を見ると触ってみたくなります

花びらが欲しくて枝を揺らす人もいますが桜は非常にデリケートなのでご注意ください。桜が枯れたら困ったことですから桜には少しも触れないように気をつけ写真で残すように心がけましょう。夜桜の下でお花見する人たちはたくさんいますが日の出ているうちは暖かいのに、日が落ちるとずいぶん冷えることが多いです。お花見で盛り上がってもその後に風邪になったら、悲しいことになりますので上着やひざ掛けなど忘れずにして選んでください。飲んだり食べたりして楽しむお花見ですが、撤収するときに飲めなかった飲み物をそのまま地面に捨てることはいけません。地面にこぼせば桜が吸収するかもしれません。根っこをダメにして桜をだめにしたらおおごとですからご注意ください。
www.jpgreensgardenisles.com